« 世界遺産に思う | トップページ | スーパースター »

古(いにしえ)への思い

Hmbdさて、今夜は何を書こうかなと思っていると、南米で次々に発見されている古代遺跡の番組をやっていて見入っています。

思えば、ボクは幼いころに買ってもらった子ども図鑑の中で、恐竜などの古代生物のものだけを何回も見ていました。

そして、親によればいつしか世界中を発掘して回るような人になりたいと言っていたらしいです。あまりよく覚えていませんけどね(笑)。

しかし、小学校高学年になって社会の授業で歴史が入ってくると興味を持ち、中学高校と歴史だけは唯一好きな科目となり、大学も史学科へ入ることができました。

今は失われてしまったもの、埋もれてしまっているもの、古(いにしえ)の智恵などには今でも興味を惹かれますね。今でも欧米式よりも古い日本家屋が好きだったり、三国志の世界に没頭したり、江戸時代の習俗や戦史に感心したりです。

死ぬまでに一度見ておきたいものとして、ナスカの地上絵、ピラミッド、マチュピチュ等があり、発見されてほしいものは邪馬台国の遺跡です。

しかし、すごいですね。5000年以上も前にピラミッドのような建造物を造ったこと、そしてそれがボクらと同じ人間の力によるものだってことが。一説には宇宙人説もある? まぁ、それもロマンがあっていいかもしれませんね(笑)。

ところで、今見ている南米遺跡からは、平和都市だったらしく、一切の武器が見つかっていなしらしいですね。いつか、ボクたちの文明が滅びて、何千年かたったら大量の武器ばかりが発掘されたなんてことにはなりたくないですねぇ。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

|

« 世界遺産に思う | トップページ | スーパースター »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界遺産に思う | トップページ | スーパースター »