« 今をいただくだけです | トップページ | 朋の死 »

葬儀にまつわるエトセトラ

Dsc01905葬儀の最中におしゃべりをする人は、以前に紹介しましたが、葬儀社の方にお聞きすると、それだけじゃなくおかしな人が多くなってきているそうです。

というのも、今日は今年初のお葬儀をつとめましたが、回向~合掌を終えボクと役僧T氏が喪主席に一礼し退席しようとしたときのことです。後方に座っていたふたりのご婦人が「さ、終わった終わった」とばかりに席を立ち、ボクらよりも先に部屋を出て行きました。

あっけに取られながらも退出し、控え室にもどったボクらは首をかしげるばかり。ボクらが退出した後には、喪主さんのあいさつがあり出棺になるはずであり、普通の参詣者はそこまで参列します。

なにか急ぐ理由があったのかもしれませんが、あまりに無礼ではないでしょうか? 葬儀社の方としゃべる機会の多いT氏は、タメ息まじりに「最近は、お通夜の後に喪主さんが会館に「泊まらなきゃなりませんか?」と聞いてくるんやって」と聞いて呆れました。

かつては自宅でお通夜ご葬儀をつとめ、亡くなった大事な人とともに最後の一夜を過ごし、場を会館に移すようになった昨今でもそれは同じだったのですが、そんなことを平気で言うご時世なのかとボクもタメ息が出ます。

親であれ、祖父母であれ、舅姑であれ、仏さんと成ったその亡骸を置き去りにしようというその神経がわかりません。それは、先に述べた礼を尽くさずに退出したふたりのご婦人も同様です。

死というものをおろそかにして、今の生はありません。親しき方の死から、自らの死を教えられ、その方とのご縁を偲び、自らの生のあり方を学ぶ、そんなことさえも事務的に済ませ「さ、終わった終わった」と片付けていくことを皆さんはどうお感じになりますか? もし、時代が変わったと一言で言う方があれば、その方は上記のご夫人となんら変わりなく、無礼でしかないのではないでしょうか?

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

|

« 今をいただくだけです | トップページ | 朋の死 »

ご縁いろいろ」カテゴリの記事

コメント

通夜、葬儀中のおしゃべりはムカつきますね~~。
だって、ご遺族にも故人にも失礼だもん。

よっぽど立ち上がって「おしゃべりの邪魔になるよう
でしたら、読経をやめましょうか」といいそうに
なりました。

そして、若い人がいいんですが、お年寄りが多いですね。
マナーの悪いの。

あ、それと、くぼっちに久しぶりにメールしたら、
元気そうなリュウさんの写真が添付されてきました。

そしてとてもショッキングな情報。
詳しいことはわからないのですが、タニさんが昨年、
5月に亡くなったそうです。

すでにご存知でしたらお許しください。

投稿: シズオ | 2009年1月22日 (木) 13時38分

本当に、礼を尽くす、場所をわきまえる、姿勢を正すといったことがおろそかになってるね。

若い人がそうであって、それをたしなめるのが年配の方のはずが若い人以上に年配の方のマナーが悪いというか、いい加減です。

歳を取るということは、若い人や子どもたちのお手本になるということで、だからこそ「老」という字は本来尊敬語なんですよね。考えましょう。

谷さんの件、教えてくれてありがとう。ショックです。

投稿: Kei@住職 | 2009年1月23日 (金) 18時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今をいただくだけです | トップページ | 朋の死 »