« 夫婦で200歳 | トップページ | 小さなコート »

他人への配慮と意識

Dsc01867先日テレビで見たのですが、自分の額に「Q」という字を書いてみてください。

書きましたか?

で、なにがわかるのかというと、「Q」の字をどっち向きに書いたかということが問題なんですが、自分向きに書いた人は他人への配慮が希薄な人で、逆に書いた人は他人への配慮を意識している人なんだそうです。

あなたはどちらでしたか?

ボクは、日頃クルマを運転していると、こういう意識の有無がちゃんと運転に出るものだなぁと感じます。

ウィンカーを出さずに車線変更をし右左折する人。

雨や雪、早朝や夕暮れ、トンネル内でライトをつけない人。

車椅子マークの駐車スペースや、スーパーなどの出入り口付近に平気で駐車する人。

消防署などの前にある斜線の描かれた駐停車禁止スペースで信号待ちをする人。

これらの人々は、他人への配慮が希薄な人だといえます。

西川きよし師匠の口癖ではないですが、小さなことからコツコツと、ってのが大事だと思います。

私は私だけで生きているのはなく、否が応でも他人との関係の上に生きています。そんな関係の集まりが社会を形成しています。社会がおかしいなら、私という人間がおかしいからです。ともに考えましょう。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

|

« 夫婦で200歳 | トップページ | 小さなコート »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夫婦で200歳 | トップページ | 小さなコート »