« あるがまま | トップページ | 特訓中 »

お金の魔力?

Dsc01534金沢近郊のとある在所(農村)に月忌参りに行ったときのこと、お茶をいただきながらそこのお嫁さんといろいろ雑談をしていました。

その在所は近年の区画整理によって、田畑が姿を消し、スーパーマーケット、本屋、電化製品の量販店などが軒を連ねる場所となりました。田畑を売り、また貸しお金をいただいた家が多いとのことです。

しかし、お嫁さんいわく「この村の年寄りは、みんなボケてく一方なんよ」と。ほとんどのお年寄り方は、生まれながらのお百姓さんです。そこに嫁いできた女性たちも、多くは同じ村や近隣の村からきています。

土曜も日曜もなく田畑とともに歩んできたご老人方が、ある日からもう田畑へ行かなくていいといわれても何をしていいやらわからない。日がな一日テレビを見てせいぜい散歩して過ごす毎日です。デイケア等に行っている方はまだいいのですが、頑なに拒否する方もけして少なくないといいます。

日に焼けた顔、ごつごつした手でおいしそうにお酒を呑んでいたとあるおじぃちゃんも、田畑がなくなってどんどん衰えていかれました。ずっと家でごろごろしていてはお酒もおいしいはずもなく、食欲もわかない。

兼業している息子さんたちの多くは、できれば農業をやめてしまいたいというのが本音です。そこへ区画整理の話が持ち上がり、農業はしなくてもいいわ、お金は入るわで飛びつくという話です。あまりにも農業を大事してこなかったこの国のあり方が生んだ悲劇といってもいいかもしれませんね。

人が生きる上でお金は必要ですが、常に大事なものの二番目以下に置いておきたいものです。お寺はお金持ちだから言えることとおっしゃるかもしれませんが、みなさんが思ってるほど楽ではないんですよ。お布施は、ちゃんと世相を反映するのですから。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

|

« あるがまま | トップページ | 特訓中 »

多事想論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あるがまま | トップページ | 特訓中 »