« 私も必ず死ぬ | トップページ | 歳を取る »

春のツーリング

Dsc01503一昨日は朝から晴天、しかも休務日とあって朝からバイクのエンジンをかけました。山の方へ行けばまだ桜が見られそうだなぁということで五箇山、そしてコンディションが良ければ白川郷まで行ってみようと出発しました。

すっかりの春の陽気ではありましたが、山へ行くということで念のため冬と同じライディングジャケットを着込んで、国道304を快適に走り南砺市福光~城端~五箇山と順調に進みました。

バイクの良いところは風をダイレクトに感じられること、視界が広いことにあり、春の暖かな風を一身に受けて「うひょー! 気持ちいいー!」と喜びの叫びを発しつつ平日の閑散として山道をのんびりライディング♪

途中の道の駅などでの小休止では、同じようなライダーたちが「こんにちは!」と声をかけ合い、道ですれ違うときには軽く会釈したり敬礼したりと、登山者のような仲間意識を表現してくれます。

暴走族などのイメージからか、バイク乗りをこころよく思わない方も多いかもしれませんが、こんなふうに多くのライダーはいい奴が多いんですよ(笑)。交通ルールについても、多くの車のドライバーが割ろうが踏もうが無頓着な車線のはみ出しなどには神経を使います。バイクは転倒した時点で大事故だという意識からではありますが、黄色い車線(追い越し禁止の意味)での追い越しはしないなど心がけています。

Dsc01500 お昼には五箇山名物の熊肉の入ったお蕎麦(五箇山固どうふ付)をいただきました。昨夏、相方と愛息と来たときにはおうどんをいただきましたが、お蕎麦もおいしいです♪ やはり山道、トンネル内などは寒く、ずっと風に吹かれていた体に温かくとてもおいしかったです。

さて、まだお昼すぎだし、お天気もいいし、路面も乾いてるし、ということでさらに白川郷をめざし愛車を走らせます。白川郷もこれで4度目くらいですが、バイクで来たのは初めてでした。ここは平日でも全国からの大型バスが多く賑わっていました。しばし、散歩し体をほぐした後、帰路へ。

帰りは国道156~359号線を使って、庄川~砺波を経由しのんびりライディングでした。帰宅後、心地よい疲労感の中で、さて次はどこへ行こうかなぁ? とこれからのツーリングシーズンに想像力を膨らませつつバイクの汚れを落としてあげました。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

|

« 私も必ず死ぬ | トップページ | 歳を取る »

クルマ・バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私も必ず死ぬ | トップページ | 歳を取る »