« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

ケヤキの行方

Dsc01506_2先週の金曜日、昨秋伐採した当寺墓所にあったケヤキを保管していただいている津幡のS建設さんへ行ってきました。前住職とともに訪れ、そしてそこに南砺市井波のご門徒で彫刻家のIさん、Tさんと落ち合うためです。

寺社建築専門のS建設さん、木彫りのプロであるIさんとTさんとともにケヤキの用途を具体的に相談するためです。やはり専門家の方々のお話を聞くと、ボクら素人にはわからかった展開を生んできます。

まず、4、5年乾燥させてからという当初の見込みとちがって製材してしかるべき場所に保管すれば1年でよいことが判明し、その後1年かけてさまざまな製品に加工するば、ちょうど予定している宗祖の御遠忌の参詣記念品として間に合うことが確認できました。

ありがたいことです。御遠忌の参詣記念、永代祠堂経の記念として当寺に長い間ご縁のあったケヤキに新たなご縁を提供できそうです。今後さらにS建設さん、Iさん、Tさん、さらに細かな専門家の方をご紹介いただきつつ話を進めていくことになりそうですので、お楽しみに。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

人として話し合う

Dsc01501燕が飛来し、いい季節になったなぁと感じます。燕といえばスワローズですが、なんとか勝率5割をキープしつつがんばっていますね。でも、いまだに古田のいない光景に慣れず、なんとなく応援している感じではあります。

長野での聖火リレーは、案の定ゴタゴタがあり、その後のソウルでも同じでした。いろんな主義主張があってしかるべしながら前に書いたとおり、スポーツの祭典に政治色を反映させることには違和感をおぼえます。

そんなそれぞれの主義主張ですが、もう少しお互いの話を聞くという姿勢を取ることはできないものでしょうか? それぞれの国を愛し、信じることは悪いことでありませんが、盲目的すぎませんかね?

それは中国とチベット、北朝鮮等の問題はもちろん、日本国内での主義主張においても感じることです。たとえば、右寄りの方々は自分たちと反する主張を反日と決め付けて攻撃しますが、反としてしまうことはそこに話し合いの余地はないということになります。

靖国という映画の上映をめぐっての報道で、上映中止運動をしている右団体の青年が「見てないけど、あれは反日だから」と答えていることに盲目的な怖さを感じました。ボクは左右どうこうの前に見てみたいです。そして感じたことを話し合いたいと思っています。

人それぞれ信ずるものがあり、信じる自由が憲法で保障されていますし、人として当然の生き方です。しかし、それを押し付け、他人の信じるもの変更を強制することは人としての生きる権利を冒涜することに他なりません。信じるものの差異で対立し反し合っていてはそこに何も建設的なご縁は生じません。ものは違っても同じ信じる心で、人と人は関係を構築していける生き物です。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

歳を取る

Dsc01491先週の日曜日、愛息が所属する少年野球チームの試合があり珍しくご法事のなかったボクも観戦できました。すると、最終回のマウンドに我が子が上がってびっくり!

少々緊張してこわばった表情の愛息。見ているこちらも期待と緊張が入り混じった気持ちで見守ります。すると、エラーが重なって1点を失ったものの奪三振2、自責点0という上々の成績でした。試合自体は負けでしたが、よく頑張ったなぁと興奮冷めやらぬ我が子を褒めてやりました。

今日はボクの41回目の誕生日です。朝起きると、その愛息が「パパお誕生日おめでとう!」と手書きの手紙をくれました。「やきゅうのしあい、また見にきてね。ぼく、いっぱいがんばるよ!」と書いてありました。うれしいものです。「ありがとう。ご法事がなければ行くよ」と言うと「わかってるって」と笑顔でこたえてくれました。

<今週の予定>

4/26>午前~月忌・11:00~H家にて50回忌法要・午後~月忌・14:30~T家にて初七日法要

4/27・28>午前~月忌・午後~寺務

4/29>休務日

4/30>午前~月忌・午後~寺務

5/1>終日~寺務(永代経会案内作成)

5/2>終日~月忌

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (2)

春のツーリング

Dsc01503一昨日は朝から晴天、しかも休務日とあって朝からバイクのエンジンをかけました。山の方へ行けばまだ桜が見られそうだなぁということで五箇山、そしてコンディションが良ければ白川郷まで行ってみようと出発しました。

すっかりの春の陽気ではありましたが、山へ行くということで念のため冬と同じライディングジャケットを着込んで、国道304を快適に走り南砺市福光~城端~五箇山と順調に進みました。

バイクの良いところは風をダイレクトに感じられること、視界が広いことにあり、春の暖かな風を一身に受けて「うひょー! 気持ちいいー!」と喜びの叫びを発しつつ平日の閑散として山道をのんびりライディング♪

途中の道の駅などでの小休止では、同じようなライダーたちが「こんにちは!」と声をかけ合い、道ですれ違うときには軽く会釈したり敬礼したりと、登山者のような仲間意識を表現してくれます。

暴走族などのイメージからか、バイク乗りをこころよく思わない方も多いかもしれませんが、こんなふうに多くのライダーはいい奴が多いんですよ(笑)。交通ルールについても、多くの車のドライバーが割ろうが踏もうが無頓着な車線のはみ出しなどには神経を使います。バイクは転倒した時点で大事故だという意識からではありますが、黄色い車線(追い越し禁止の意味)での追い越しはしないなど心がけています。

Dsc01500 お昼には五箇山名物の熊肉の入ったお蕎麦(五箇山固どうふ付)をいただきました。昨夏、相方と愛息と来たときにはおうどんをいただきましたが、お蕎麦もおいしいです♪ やはり山道、トンネル内などは寒く、ずっと風に吹かれていた体に温かくとてもおいしかったです。

さて、まだお昼すぎだし、お天気もいいし、路面も乾いてるし、ということでさらに白川郷をめざし愛車を走らせます。白川郷もこれで4度目くらいですが、バイクで来たのは初めてでした。ここは平日でも全国からの大型バスが多く賑わっていました。しばし、散歩し体をほぐした後、帰路へ。

帰りは国道156~359号線を使って、庄川~砺波を経由しのんびりライディングでした。帰宅後、心地よい疲労感の中で、さて次はどこへ行こうかなぁ? とこれからのツーリングシーズンに想像力を膨らませつつバイクの汚れを落としてあげました。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

私も必ず死ぬ

Dsc01499昨日、毎月お参りに訪れているT家のおばぁちゃんが亡くなり、枕経、仮通夜、そして今夜は通夜を勤めてきました。お元気な方で、参り時にお会いするといつも明るくお話してくださってただけに本当にびっくりしました。

そんなおばぁちゃんは南砺市の福光のご出身でした。そこで、もともと今日、ボクは休務日でお天気がよければツーリングに行こうと思っていたところ、福光を経由して五箇山~白川方面へ行こうと思った次第です。上の画像は五箇山で見つけた満開の桜です。

ツーリングのお話は次回にゆずりますが、夕べの仮通夜、そして今夜の通夜ではいつもお話するのですが、けして成仏を願ったりするのではなく、亡き方が身をもって教えてくださってある「人は必ず死ぬ。そしてそれはいつか決まっていない。そんな今を生き生かされてある私」をお話してきました。

今を盛りと咲き誇る桜は、そんな人の、生きとし生けるものすべての必定を表現しているからこそ郷愁を誘う存在なのかもしれませんね。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

仏教徒として

079syaka北京オリンピックの聖火リレーでの混乱が続く中、日本でのリレー出発点となっていた長野の善光寺さんが、その辞退を発表しました。

善光寺さんは「チベットの宗教指導者が立ち上がり、それに対し弾圧しているので、仏教の寺として考えた」結果と語り、また「われわれはチベット人と同じ仏教徒との気持ちが強かった」とも語ったといいます。

そもそも独立国であったチベットを清朝が支配し、清滅亡後に独立するも中華人民共和国が成立後、チベットを開放するという理由によってこの地を武力占拠したと言われ、それ以降は中国による併合である、ないという動乱が起り、チベット人への差別や弾圧が現在まで続くといわれています。

ボクは正直なところ、この問題とオリンピックを結びつけて考えたり、行動したりすることには違和感を持っています。それは以前に書いた重慶でのサッカーの国際試合での騒動と同じで、スポーツは国、政治信条、民族、肌の色などによるものを超えた平和的なものであるべきだと思うからです。

しかし、今回の善光寺さんの決断によって、我々は「仏教徒として」この問題をどう向き合うのか? というご縁をいただきました。他宗派ではどうかわかりませんが、我々はどうしても仏教徒というよりも真宗門徒としての意識が強く、ややもすれば他宗派だけでなく、他国の仏教とのつながり意識が希薄です。

我々は真宗門徒でありますが、仏教徒としての意識を持ち、国や宗派を超えた視点でこの問題と向き合っていきたいものです。チベットはもちろん、中国にも多くの仏教徒が存在するのですから。

<今週の予定>

4/19>午前~寺務・15:00~T家にて49日法要

4/20>午前~月忌・午後~寺務

4/21>休務日

4/22・23・24・25>終日~月忌

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

春眠アカツキを覚えず?

Dsc01471あぁ、眠い。

すみません、突然(苦笑)。4月の半ばの割には、肌寒いですが、やはり春本番とあって24時間ずっと眠い感じです。

というよりも、ボクの場合は年中アカツキを覚えずといっていいほど寝ます。ご趣味は? とたずねられれば即座に「お昼寝」と答えます(笑)。それも、今に始まったことではなく小学生のころから授業中に居眠りをします、と先生に言われ母は恥をかいたと今でも言われるくらいなんですね。

体質なのか、たんに怠け者なのか、それはわかりませんが、眠っているときは幸せそうな顔をしていることは間違いないそうです。能天気ですねぇ、本当に。って、誰の話やねん(笑)?

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (2)

人それぞれ

Dsc01474ここ数日、寒い上に天気が悪くてせっかくの桜も映えないまま散ってゆきます。

以前にも書いたS家のばぁちゃんのお宅へ月忌に行き、イライラが募り、自己嫌悪に陥ってます。とにかく僻みというか、マイナス思考の固まりのような発言の数々にいつもうんざりしてしまうんです。

今日も、以前行っていた高砂大学(高齢者向け学習機関)では周りが年下ばっかりでいたたまれなかったけども、今行っているデイケアには90歳くらいの方がいっぱいいて気が楽だとおっしゃる。ボクは、なぜそこまで周囲を気にするんですか? そこで何かをすることで楽しければいいと思うし、若い方や年上の方、どちらとも交流すればいいじゃないですか? と言うのです。

と言うと、わたしらみたいなばぁさんは、若い人には嫌われるだけですし、せめて邪魔にならないようにするだけですもの、とマイナスマイナスへと会話は進むのです。しかも、会話の間ずっと自分の口を押さえてしゃべるので、前になぜ?とたずねると「こんなばぁさんの汚い歯なんて見たくないでしょ?」と答えられ、誰もそんなこと気にしてませんよと言ったのですが・・・。

ボクは、人それぞれと思っていて、あまり周囲を気にしない方です。だからよけいにどうしてもイライラしてしまいます。たぶん、ばぁちゃんにもそれは伝わっていると思いますし、そんな自分に自己嫌悪するのですが、毎月同じことの繰り返しです。ありのままのばぁちゃんを受け入れてあげる、そう思ってはいてもなかなかそれができないボクです。はぁ。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (3)

桜・二度目の満開

Dsc01475金沢もようやく桜が満開になった思ったら、今週に入ってから肌寒く曇天の毎日です。すでに東京で満開の桜を見てきていたので、今年は二度の花見ができました。

愛息も春休みが終わり三年生に進級。毎日元気に小学校に通っています。街のあちこちには県外ナンバーのクルマが走り、さまざまなところで新生活が始まってるようですね。

ボクも今月25日には41歳になります。すでにおっちゃんの年齢ですが、自分では特に変わった気はしないものですね(笑)。生きていればこそ、歳をとるご縁もいただけるわけで、おっちゃんであろうと、おばちゃんであろうと、じぃちゃんであろうと、ばぁちゃんであろうといくつになってもそのご縁をよろこびたいものです。

この歳になったら云々と言う方がありますが、ボクはこの歳になったらこうあるべきと、自分を縛る必要はないと思っています。いくつであっても、自分に正直にあるがままでありたい、そう願うだけですね。

<今週の予定>

4/12>午前~月忌・午後~寺務

4/13>11:00~南砺市I家にて1周忌法要

4/14>午前~月忌・11:30~寺にでS家13回忌法要

4/15・16>午前~月忌・午後~寺務

4/17>終日~月忌

4/18>午前~月忌・午後~寺務

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

8歳児の大冒険④

Dsc01437現在、格差社会と言われていますが、格差にもいろいろあります。所得格差が代表的ですが、交通手段の格差も広がってきているんですね。

金沢でもそうですが、地方都市ではクルマあってナンボという感覚ですが、首都圏等の都会では逆にクルマ離れが進んでいます。どこへ行っても渋滞、駐車場代等の維持費、ガソリン代の値上がりなどが原因でしょう。実際、ボク自身も東京や京都に住んでいたころにクルマは持っていませんでしたし、その必要性を感じることは年に数回でした。

首都圏においては、電車移動の方が圧倒的に早く、また経済的です。電車はあらゆる場所へ数分おきにやってきますし、慣れてしまえば歩くことに抵抗もなくなります。東京、新宿、上野、品川などの駅の構内は広く、歩くことで運動不足も解消されます(笑)。

それはともかく。今回の旅であらためて感じたことは、クルマと決定的に違う電車内の公共性ということ。クルマの中は、自宅あるいは自室と同じ空間であり、一歩外にある公共性をなかなか感じにくいものです。ところが電車やバスは公共の真っ只中に身を置いています。

つまり、親は子に「ここはオウチじゃないんだから、静かにしていようね」という躾けができる格好の場であるということです。クルマでの移動ばかりの地方では、親子ともにそういう感覚が麻痺しがちだと思うんです。だから、スーパーマーケットなどの公共施設、ご法事の席で騒ぐ子ども、そしてそれを叱らない親が多くなると思いませんか?

それはけして地方だから、都会だからと一概に言える話ではないですが、クルマにおける格差の広がりから、そんな親子の公共性の格差も広がるのでは?と感じます。

Dsc01464 そして、今回の旅で感じた最大のことは、子どもをディズニーランド等の非日常世界へ連れて行くよりも、日頃感じることのできない土地そのものを感じさせてあげることが大事なのでは?ということです。ウチの愛息は、飛行機、電車、新幹線を乗り継いでの旅に大満足でした。きっと、金沢と東京をクルマで往復しての旅では感じることのない経験をしてくれたのだと思います。

クルマを否定しているわけではありません。しかし、便利と楽をすることで見失ってしまっていることの多いことにボク自身があらためて気づいた旅だったことは確かです。地方都市にいても、たまには子どもといっしょに電車やバスを使用した移動をしてみてください。けっこういいものですよ♪

そんな愛息も、この旅の後に誕生日を迎え9歳になりました。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

8歳児の大冒険③

Dsc01453東京駅でボクの大好物である崎陽軒のシウマイ弁当を購入し、愛息待望ののぞみ号N700系に乗車・・・いや、その前にホームに次々に入ってくる新幹線に大喜びです(笑)♪

そして興奮冷めやらぬ愛息とボクを乗せN700系は一路名古屋へ。晴天の窓からは、これまた愛息が初めて見る富士山を眺めながらいっしょにシウマイ弁当を頬張りました。ボクも久しぶりの東海道線で、いろいろ思い出しながら愛息の笑顔に幸せを感じました。

Dsc01469 名古屋駅に到着し、米原までのひかり号に乗るまで30分近くあったのですが、愛息は一向にホームを離れません。ここでも、次から次からやってくる新幹線に釘付けです。中でも、今は日に2往復しか使用されていない500系(画像は300系)が来たときには大喜びでした。たぶん乗れないし、見られないだろうと思っていた500系を見られたのはラッキーでしたね。

おそらく憧れ続けた新幹線に乗り、じかに見ることができたことは愛息にとって至福の時間だったことでしょう。米原でしらさぎに乗り換え、金沢に着くころには心地よい疲労感がその表情に浮かんでいました。

駆け足で日程を書いてきましたが、次回は今回の旅で感じたいろんなことを書いてみたいと思いますね♪

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

8歳児の大冒険②

Dsc01424大宮にある鉄道博物館をご存知ですか? 以前は神田にあった交通博物館が移転し名を変えたものですが、ボクが中学生のころに東京の従兄弟が連れて行ってくれました。

今回の東京への旅は、乗り物好きの愛息を飛行機と新幹線に乗せること、そしてここへ連れていってあげたいのも目的でした。昔の蒸気機関車から新幹線までの実物が所狭しと並び、また新幹線などの模擬運転を体験できるシュミレーターがあるのです。

しかし、ボクらが行った3/31は開館して100万人突破の日であり、月曜日でありながらえらい人ごみでした。昔の食堂車のメニューが売りの日本食堂での食事に小1時間、シュミレーターをするのに1時間半ほど待つハメになりましたが、子どもは自分のしたいことのためなら待つもんですねぇ(笑)。

Dsc01412夕方まで楽しめました。子どもだけでなく大人も十分に。興奮しきりの愛息とともに鉄道博物館を後にし、埼京線で新宿へもどりホテルにチェックインしました。ふたりでゆっくりシャワーを浴びてひと休みの後、ちょっと遠いのですがボクが学生時代に過ごした街へ行って夕食をとりました。

さすがに疲れたと見えて、ホテルに戻って横になるが早いか静かな寝息を立てる愛息。翌朝もいつもよりゆっくり寝ていました。ホテルの朝食をしっかり食べて、東京タワーへ。昨日の雨がウソのような晴天で、中央線~山手線を乗り継ぎました。東京タワーの近くには、増上寺という桜の名所があり、一足早い花見をしながらタワーへ登りました。

ボク自身も何年ぶりかもわからないくらい久しぶりのタワーでしたが、遠くに富士山が見え、下には増上寺の桜が見え、いいものだなぁと感嘆しきり。京都タワーとは、まったく違うビルだらけの景観に愛息も飽きずに眺めていました。そして、お土産もここで購入し、東京駅へ。~つづく。

<今週の予定>

4/5>午前~月忌・午後~寺務

4/6>午前~月忌・11:00~K家にて13回忌法要

4/7>終日~月忌

4/8>休務日

4/9>終日~月忌

4/10・11>午前~月忌・午後~寺務

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

8歳児の大冒険

Dsc014473/31~4/1と、東京へ行ってきました。8歳の愛息との男ふたり旅でした。しかし、前述のようにディズニーランドやお台場といった観光地が目的でなく、乗り物に乗るためという変わった旅行です。

とにかく幼少のころより乗り物が好きな愛息。でも、金沢にいては新幹線も飛行機も電車も乗る機会がなく、一度東京へ連れて行ってやりたかったのです。以下、乗った乗り物を中心に日程を書いてみたいと思います。

3/31>金沢駅~(高速バス)~小松空港~(日航機)~羽田空港~(モノレール)~浜松町~(山手線)~新宿で荷物を預ける~(埼京線)~大宮~(ニューシャトル)~鉄道博物館~(ニューシャトル)~大宮~(埼京線)~新宿でチェックイン~(京王線)~聖蹟桜ヶ丘のボクの学生時代にお世話になった場所で夕食~(京王線)~新宿

4/1>新宿~(山手線)~浜松町~(徒歩)~東京タワー~(タクシー)~東京駅~(のぞみN700系)~名古屋~(ひかり300系)~米原~(しらさぎ)~金沢

Dsc01449すごいでしょ(苦笑)? しかも、どこへ行っても通りすぎる他の新幹線や電車は見るたびに「あぁ! パパ! こまち、こまち!!」とえらい騒ぎで、特に名古屋駅では風が冷たいにも関わらず、ひっきりなしにやってくる新幹線に大興奮。

知ってますか? 新幹線といっても東海道だけで0系・100系・300系・500系・700系・N700などの車種があり、これに東北や秋田などの新幹線を加えるとかなりの数になるんですよ。そのほとんどを記憶している愛息にとっては、それらに乗ったり実際に見たりすることは、例えて言うなら憧れの芸能人に実際に会うようなものなんです(笑)。

でわ、次回は日程の内容を詳しく書いていきたいと思います。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »