« 連休ぎらい・2 | トップページ | ご注意ください »

モンスター○○?

Dff0d384モンスター・ペアレンツ、モンスター・ペイシェント、日本語で言うと「怪物・両親」に「怪物・患者」でしょうか。やたらと増えているそうですが、一体なんなのでしょう?

親たちは学校に、患者たちは病院に、理不尽な要求をする現象の原因はどこにあるのでしょうか? たとえば、要求をしないまでも、自分がどういう時に理不尽な感情を持っているかを考えると、お金を払っているのに満足が得られないときだったり、対応に不満を感じたりという場合かもしれませんね。

そこで思うのは、この「お金を払っている」という前提に問題があるにでは? と思いますが、いかがか? ちょっとした買い物などでも、お店側が「ありがとうございました」と言っていても、お客側は言わない光景をよく見ます。ちょっと前までなら、お客も「ありがとう」と言っていませんでしたか?

お金を払うこと至上主義とでも言えばいいのか、お金をもらう方は言うことを聞いて当たり前という感覚が蔓延しているように思います。だから、そこに感謝もなにもなく、当たり前という感覚がエスカレートしているのだと思います。

いくらお金があっても、使用する場所や接客し応対してくれる人がいなければなんの役にも立たず、病院があって、医師や看護師さんがいて、初めてわが身の健康状態を知ることができ、学校があり先生がいて初めてわが子がそこへ通い授業を受け、お友だちができるわけですよね。

そんな医師、看護師、先生、店の店員等々は給料をもらっていても、お金を入れればほしいものがでてくる自動販売機ではありません、我々とおなじ地の通った人間です。お金のやりとりがあっても、人と人のご縁の場であり、お互いにおかげさんでの関係がそこにあるはずですよね。仕事をしていて「ありがとう」と言われて嫌な気分になる人はいませんから。

<今週の予定>

2/16>午前~月忌・11:00~N家にて50回忌法要

2/17>午前~月忌・11:00~T家にて3回忌法要・月忌

2/18>午前~月忌・午後~寺務

2/19>午前~寺務・午後~月忌

2/20>午前~月忌・午後~寺務

2/21>休務日

2/22>終日~月忌

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

|

« 連休ぎらい・2 | トップページ | ご注意ください »

多事想論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 連休ぎらい・2 | トップページ | ご注意ください »