« ふぅ | トップページ | 秋風の中で »

話を聞く

Dsc00994 人間を尊重するということは

相手の話を最後まで

静かに聞くことである

これは、安田理深(やすだりじん=明治33年~昭和57年)という真宗の学者の言葉です。

安田先生が、どんなシチュエーションでこの言葉を言われたかは、勉強不足でわかりませんが、じんと心に染みる言葉です。

というのも、昨今「聞き上手」な人にとんと出会わなくなったなぁ、と思うからです。人を話をさえぎってでも自分の話をする人には、うんざりするほど出会いますけどね(苦笑)。

そして、これはたんに「聞き上手」ということだけではなく、それが「人を尊重するということ」だというところが深いなぁ、と思うわけです。「オレがオレが」、「あたしがあたしが」、「わしがわしが」、こればっかりの世の中に一石を投じるいい言葉だなぁ、としみじみ読み返しているこの秋です。

<今秋の予定>

10/13>午前~休務・午後~津幡方面報恩講

10/14>終日~月忌

10/15>午前~月忌・午後~寺報発送作業(予定)

10/16>午前~月忌・10:00~K寺報恩講参勤・15:00~寺にてN家永代祠堂経

10/17>午前~月忌・13:30~J寺報恩講参勤・16:00~T家報恩講

10/18>午前~月忌・9:30~T家報恩講・10:30~M家報恩講・11:30~U家報恩講

10/19>午前~寺務・13:30~S寺報恩講参勤・午後~月忌

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

|

« ふぅ | トップページ | 秋風の中で »

真宗の生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ふぅ | トップページ | 秋風の中で »