« 他事想論6 | トップページ | 梅雨、いまだ明けず »

選挙、まず行くことからです

Dsc00953 参議院選挙が近いですね。選挙と聞くと、上辺の綺麗ごと(=マニフェスト=公約)の下に潜む各種利権の奪い合いですね(笑)。

でも、今の社会、政治に文句があるなら選挙に行きましょう。新聞を読み、ニュースを見て、何が本当で何がそうでないのかを見る眼を養いましょう。選挙権は国民に与えられた参政権そのものです。

ダレが政治家になってもおんなじ、ドコが与党でも野党でもおんなじ、ダレにもドコにも投票する気にならない、そんな声はよくわかります。本当にそうなら、投票に行って白紙を投じるコトであなたの気持ちを投票しましょう。

「無党派層は、(投票日には)寝ててくれた方がいい」などと本音をもらした前々首相ですが、これほど有権者を馬鹿にした言葉もありません。投票率が少なければ少ないほど、与党は組織票で安泰なので無党派層は投票してくれるなという「関係ないしぃ~」という無関心な有権者を鼻で笑っているのです。

ひとりの一票で何も変わらない。当たり前です。でも、与えられた権利を放棄するなら、現状に不満を言うコトも放棄して不満な現状に流されていればいいのです。主権者たる国民を舐めきっている為政者に「ふざけるな!」という気持ちを投じる機会、それが選挙です。

美しい国、生活第一、戦争をできる国にさせない等々の公約コピーはもちろん、そこに各政党、各候補者のどんな思惑があるのかを読み取る力を持ちましょう。組織票に組み込まれていても、そこに強制力があれば立派な選挙違反ですので、「はいはい」と言っておいてもいいですが、投票日には個人の判断のみで貴重な一票を投じましょう。

言うまでもなく、民主主義とは国民主権ということであり、為政者は先生などではなく、我々ひとりひとりが為政者を選んであげているくらいの気概を持ちましょう。これ以上、この国がいいかげんな国になりませぬよう、つくづくそう思う気持ちを書かせていただきました。ご清聴に感謝。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

|

« 他事想論6 | トップページ | 梅雨、いまだ明けず »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178949/15857947

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙、まず行くことからです:

« 他事想論6 | トップページ | 梅雨、いまだ明けず »