« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

雑感~明日はお講です

Dsc01056 ★金曜日の日記を書けなかったのは、東京に行っていたからです。というのも、ボクが大学時代に所属していたサークル(テニス・スキー・ドライブなんでもアリな集まり/笑)の20周年(本当は昨年)で、集まろう! ということでした。

金曜午後の飛行機で飛び、多摩市にある小料理屋へと向かいました。この夜は前夜祭的なもので、このお店はボクたちが学生時代によく通いお世話になったお店です。もともとは、ここのママさんとボクが同じ日本料理屋さんでアルバイトをしていて、その後に独立して開かれたお店でした。

そんなご縁でボクたちはよく通ったもので、お金のない時にはほとんどタダ同然で呑ませてもらい、おいしい煮物をいただいたもので、今回もそんな連中が集まりママさんも、マスター(ママさんのご主人)ともなつかしい再会となりました。

あのころと同じ空気が流れ、ボクらもあのころに戻って呑み、食べ、語り、笑い、新宿のホテルに戻ったもは深夜でした。

明けて土曜日は、サークル20周年パーティの本番で六本木へ。遠くは宮崎、富山、近くは関東各地から20名ほどが集結し、太ったの痩せたの、結婚したの離婚したの等々いろいろな近況から、あの頃はどうだったこうだった等々、話はつきませんでしたね。また、東京の土産話はいろいろ語ってみたいと想います。

★明日は午後2時より「善福寺講~正信偈に学ぶ会~③」です。今年の3回講座の最後となります。どうぞ、お気軽にご参集くださいますようご案内します。明日は「正信偈の読み方」、「仏事いろいろ座談会~お内仏編」という内容です。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨、いまだ明けず

Dsc00965 夏休みに入っても、まだ梅雨明けしません。今日もずっとどんよりした空で、夕方から雨が降りました。

昨日は、梅雨の晴れ間とばかりに久々に晴天。そこで、ヒマをもてあます愛息とともに市営プールへゴー(笑)! 午後2時くらいから時間の空いたボクも、久々に泳いでみるかと行ってきました。

実は、こう見えても(?)中学時代、しばらくは水泳部にいたんですよ(苦笑)。犬掻きからバタフライまで泳げます。小学校時代には、京都在住時から6年間スイミング・スクールに通っていました。

昨日行った市営プールも、小3~小6まで通ったなつかしの場所。ぜんぜん変わってません(笑)。でも、室内外に大中小のプールがあり、しかも大人200円、子ども100円と格安(時間制限なし)! 歩く前から野球を始めるまではスクールに通っていた愛息は、水を怖がらずにもぐったりできるのですが、スクールを途中でやめたため、泳ぎは中途半端。

手取り足取り教えて、なんとかカッコがつくようになり、2時間ほど楽しんできました。やはり泳ぐのは気持ちいいですね。他のスポーツと違って、汗をかかなくていいのがボクの好みです(苦笑)。

しかし、いまだにセミの声もせず、今夏はどうなることやら。自然がだいぶまいっているのかと心配になりますね。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

選挙、まず行くことからです

Dsc00953 参議院選挙が近いですね。選挙と聞くと、上辺の綺麗ごと(=マニフェスト=公約)の下に潜む各種利権の奪い合いですね(笑)。

でも、今の社会、政治に文句があるなら選挙に行きましょう。新聞を読み、ニュースを見て、何が本当で何がそうでないのかを見る眼を養いましょう。選挙権は国民に与えられた参政権そのものです。

ダレが政治家になってもおんなじ、ドコが与党でも野党でもおんなじ、ダレにもドコにも投票する気にならない、そんな声はよくわかります。本当にそうなら、投票に行って白紙を投じるコトであなたの気持ちを投票しましょう。

「無党派層は、(投票日には)寝ててくれた方がいい」などと本音をもらした前々首相ですが、これほど有権者を馬鹿にした言葉もありません。投票率が少なければ少ないほど、与党は組織票で安泰なので無党派層は投票してくれるなという「関係ないしぃ~」という無関心な有権者を鼻で笑っているのです。

ひとりの一票で何も変わらない。当たり前です。でも、与えられた権利を放棄するなら、現状に不満を言うコトも放棄して不満な現状に流されていればいいのです。主権者たる国民を舐めきっている為政者に「ふざけるな!」という気持ちを投じる機会、それが選挙です。

美しい国、生活第一、戦争をできる国にさせない等々の公約コピーはもちろん、そこに各政党、各候補者のどんな思惑があるのかを読み取る力を持ちましょう。組織票に組み込まれていても、そこに強制力があれば立派な選挙違反ですので、「はいはい」と言っておいてもいいですが、投票日には個人の判断のみで貴重な一票を投じましょう。

言うまでもなく、民主主義とは国民主権ということであり、為政者は先生などではなく、我々ひとりひとりが為政者を選んであげているくらいの気概を持ちましょう。これ以上、この国がいいかげんな国になりませぬよう、つくづくそう思う気持ちを書かせていただきました。ご清聴に感謝。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

他事想論6

Dsc00959 昨日は夏日、今日はまた梅雨空、極端ですね。

しかし、本当にニュースを見ていてタメ息しか出てこないです。仙台近郊で小学6年生の女の子が包丁で刺され、精神的に不安定だったとされる50代の男性が逮捕されました。本当に痛ましいし、やり切れない事件です。

外務大臣が「アルツハイマーの人でも云々」との発言を撤回し謝罪していましたが、言葉でそう言っているだけで頭のひとつも下げるわけでなし、不承不承という感じしかしませんでした。

一見、なんの関係もないように見えるこのふたつの事件ですが、根底に流れる水脈には、我々にある人権感覚の希薄さのように想います。子どもを刺した男性は精神を病んでいたという。彼は、どこかで誰かが自分の悪口を言っているという被害妄想を持っていたその土壌、つまり周囲の環境が彼にそんな妄想を抱かせた部分と外務大臣の人権感覚は、どことなく似ているように感じるのです。

事実関係だけを見れば、こじつけにしかすぎません。でも、あらゆる障害を持つ人をどこかで健常者である自分と違うところに置いて接したり、無関係を装っているのに色眼鏡で見たりしている私の中の差別心に気づきます。

どんな人でも、その人格は環境によって作られていきます。俺の悪口を言っている、という感覚は周囲の接し方の端々から無意識的に感じ、蓄積されていったのではないでしょうか? 

国民のため云々という政治家も、その国民とは健常者を対象としたものでしかないと想われる感覚が、アルツハイマー云々という発言につながっているのではないでしょうか?

被害に遭った女の子が一命を取り留めたのは救いですが、彼女の精神的なケア、つまり環境が今後の彼女を作っていくことをご両親をはじめ周囲の人々は第一に考えてあげてほしいと切に願います。

<今週の予定>

7/21>11:00~T家にて7回忌法要

7/22>午前~月忌・11:00~M家にて3回忌法要・午後~月忌

7/23>午前~月忌・11:00~M家墓地にて申し経・午後~寺務

7/24・25・26>終日~月忌

7/27>午前~月忌・午後~29日まで私用にて東京在

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

お盆の後~ゴミの山

Dsc01016 ほとんど晴れ間のなかった今年のお盆。

年々キリコの数も減少したように見えますが、実は板キリコというカマボコ板のようなものに移行しつつあるためでしょう。まぁ、どちらにしてもそこに名前を書き吊るすことで、墓参りに来たという足跡を残すことが目的のお盆グッズです。

それは別に悪いことではないのですが、お墓参りそのものよりも、早めに行って「ウチは墓参りに来ました!」という足跡を残すことの方が主目的になっているように感じる昨今です。

言うまでもなく、7月も8月も、お盆とは曜日に関係なく13日~16日であり、10年くらい前までは15日のお参りが一番多かったものです。ところが、最近は11日や12日はもとより、今年ならお盆前の週末7日や8日にお参りする方も少なからずいます。言い方は悪いかもしれませんが、お正月でもないのに「おめでとう」と言っているのと同じで、お参りしさえすればいいのか? と問いたくなります。

さらに、昔は一番多かった夜のお参りがほとんどありません。夜ご飯を食べて、家族が揃ってお盆のお墓参り。それこそキリコに灯をともして、ゆっくりお参りする風景が金沢のお盆でした。その頃は、ボクらは夜9時くらいまで、墓場に待機していたものですが、最近は7時すぎにはほとんどお参りがないので上がるようになりました。世知辛いというか、せわしない世相はこんなところにも反映してくるのですね。

Dsc01026 さて、そんなお盆も終わって今日はあとかたずけをしました。門徒総代のMさん、若手門徒のNさん、役僧T氏、ボクの4人でキリコ、仏華、おローソク、お線香等を集めて郊外のゴミ処理場に運び有料で処理してもらいます。

写真のように、軽トラックいっぱいになりますが、板キリコが出現するまでは処理場~寺を2往復するほどありました。他宗派では、すでにキリコ持参を禁止している寺もあると聞きます。キリコは紙と木でできており、割り箸とおなじで森林伐採による環境問題的には痛い存在です。

お墓参りに来たことを知らせる、これは墓主にとってはうれしいことであり、無用とは思いませんが、なんらかの方途はないものか? と毎年考えさせられます。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

お盆終了・しかし

Dsc00167 4日間にわたった金沢の新盆も今日で終了しました。

今年は例年に比べて、天候は悪かったですが涼しくて、そのぶん汗をかかずに体力の消耗も少なかったかな? という感じです。

しかし! 今朝グラグラときたかと思ったら、新潟と長野で震度6強の地震がありました。3月の能登沖地震といい、先日までの台風4号の猛威といい自然が猛威を奮う恐ろしさを感じる年です。

天気予報とは、過去の気象データからこういう雲の配置のときにはこういう天気になるという予想をするらしいのですが、最近はその過去のデータと違う結果になることが多いらしく、予報が当たらないのもそのせいとか。

自然の動きが過去とは明らかに違ってきているということでしょう。台風4号が7月の台風としては最高の大きさだったことも、大雨も、地震もそんな自然の変化によるものですね。そして、その自然の変容は、けして自然的でなく人為的であることは想像にかたくないです。

新潟、長野、その他地域の被災者の皆さまには衷心よりお見舞い申し上げます。ボクたちは、まず自分ひとりから何ができるかを考えなければなりませんね、本当に。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金沢はお盆です

Dsc00173 古来、7月でも8月でもお盆は13日~16日です。当たり前ですが、曜日は関係ありません。金沢市内では、昔から新盆のお墓参りが定番ですが、だいぶその様子が様変わりしてきたように感じます。

<むかし>~曜日に関係なく15日のお参りが一番多く、しかも夜のお参りが非常に多かった。

<今>~早ければいいという感じで、お盆になる前の11日12日どころか7日や8日の週末のお参りが多い。名前を書いたキリコを早めにつるしたいという本末転倒な墓参りが横行している。夜のお参りが少ない。

けっして今風潮が悪いと言っているのではなく、お盆という仏縁とお墓参りの意味が二の次になっているように感じるのです。

お墓参りは、ご先祖への思い、つまり私というこの身がこの世に生まれ出た奇跡に思いを馳せることです。私には2人の親、2人の親には4人の親、4人の親には8人の親・・・・・・・・・そのうちひとりでも欠けたら、私は存在しません。そんな命のつながりから生まれでたこの身は、唯一であり、尊い存在なのだということをしっかり確認するご縁です。

せかせかと結果オーライな昨今ですが、お墓参りくらいゆっくりと命を考えるご縁としてみませんか? 読経中に、雨や風邪で火が消えたローソクやお線香を気にするよりも、こころ静かに合掌し自分という存在をしっかり見つめなおすことに集中しましょう。

<今週の予定>

7/14>7:00~19:30お盆で寺、および墓地にて法務

7/15>10:00~T家にて49日法要・13:30~総合墓前にて盂蘭盆会・14:00~御堂にて盂蘭盆会・その他~寺および墓地にて法務

7/16>9:00~17:00お盆にて寺、および墓地にて法務

7/17>終日~月忌

7/18>午前~月忌・午後~墓地のあとかたずけ

7/19>午前~寺務・午後~月忌

7/20>午前~月忌・午後~寺務

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

加越門徒ご縁の旅(2)

Dsc01008 おっと、忘れてはいけない。井波の街中、別院に続く門前の通りには、当寺門徒で今は亡き彫刻家・板橋一歩さんの作品が飾られています。今回の旅に参加されていた一歩さんの息子さんの妻である節子さんは、「ウチの主人の子どもの頃をモデルにしている作品らしいですよ」と教えてくれました。

さて、加賀と越中の善福寺門徒17名は庄川温泉・川金さんの湯につかり、文字通り裸の付き合いをしました。庄川からの川風の気持ちいい露天風呂でのんびりとさせていただきました。

夕食には、今が旬の天然鮎がボクらを待っていました。そもそも、この旅は越中総代の吉田さんの「一回みんなで鮎食べにおいでなさいよ」というお誘いがきっかけでした。実際に炭火で焼かれた天然の小鮎は、実においしかった! 小鮎だけに、頭から尻尾まで残すところなくペロリ。

中居さんの「おかわり、いかがですか? まだ焼きますよ」のヒトコトに、皆ほとんど手を上げ、しかも翌朝のおみやげにも注文していました(笑)。なんでも、旬で天然のものはおいしいです。おいしいものがあれば、お酒もすすむ。加賀弁と越中弁での交流も盛り上がり、楽しいヒトトキとなりました。

その後、寝た方、ふたたびお風呂に入った方、部屋で飲み語らった方々、それぞれが庄川の夜を満喫していただけたようです。ボクは、飲み語らった部類ですけどね(苦笑)。

Dsc01013 翌朝、もう一度ゆっくり湯につかり朝食をいただき庄川を後にしました。500年余り前、善福寺があったといわれる高瀬神社を経由し、どこまでも続く田園地帯と散居村を眺めながら金沢に帰ってきました。昨年に続いて企画、募集、添乗員をこなしましたが、大変なものでした。でも、無事に帰ってくると大いなる達成感があったことも事実です。またのご縁、考えてみようかな(笑)?

さて、金沢は明後日からお盆です。古来お盆は、曜日に関係なく13日~16日です。早めのお気持ちはわかりますが、お盆のお参りはお盆にいたしましょう。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

加越門徒ご縁の旅(1)

Dsc00986  この土日、「善福寺・加越門徒ご縁の旅」に行ってきました。出発当日の朝、Y家のおばあちゃんが亡くなったという電話があり、冷や汗が出ましたが、なんとか手配がつき夕べの通夜、今日の葬儀となりました。

★7月7日(土)朝9時、善福寺出発の加賀門徒7人が集合し出発。森本から、第一目的地である城端別院善徳寺発祥の地である南砺市砂子谷~福光を経由して城端市街地へ。一向一揆のころ~戦国時代と城郭寺院だったといわれる城壁の名残を横目に善徳寺到着。

Dsc00997 本堂では、今でも土曜であっても日曜学校が開かれており数人の小学生たちがにぎやかに遊んでいました。職員のU君がボクらを出迎えてくださり、噛みながらも一生懸命寺院内を案内してくれました。この後に行く井波別院瑞泉寺とともに一向一揆や石山合戦では重要な役割を果たし、その後は加賀前田家とのつながり深く数々の歴史ある建造物の多いお寺です。

Dsc00994 そんな歴史も去ることながら、この別院では1年365日、毎日2回のおつとめと法話が欠かさずに行われていることと、そこに毎回集まる聞法者いることに驚きました。さらに驚いたのは、前項のコメントにあるようにボクらが行ったこの日の午後、お友だちのnikojuさんが法話されていたこと。

1時間半ほど寺院内と宝物蔵を参拝、見学し、その歴史の深さに圧倒された重いで、ボクらは城端を後にしました。

バスは一路、井波へと向かいました。全国に増殖している道の駅が井波にもあり、そこは井波名物の木彫りとリンクした「木彫りの里」として、欄間や木彫り工芸の美術館やお風呂、お座敷での食事もできる施設となっています。そこには、井波合流組の越中門徒さんが4人が待っていてくれました。

Dsc01001 皆さんともに、釜飯やお造りがメインの昼食をいただき井波別院へ。輪番さん自らご案内いただき、本願寺5代目の綽如上人が開祖とされ、後小松天皇の勅願所として、また井波の象徴として大きく根を張ってきた別院だとお教えいただきました。この井波は、いわゆる「お東さん紛争」においては、多くの法難にあったといってもよいのですが、現在は収束し本来の姿を取り戻しつつあります。

城端、井波ともにその地に立っているだけで、真宗の歴史と信仰の深さに思いをはせる参拝でした。門前の参道には、木彫りの工房が軒を連ね、コミュニティもあり街の人々のこの街で生きる力を感じました。

そんな井波市街を散策し、一行は今夜の宿である庄川温泉へ。ここで6名の越中門徒さんがお待ちでした。

つづく

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行ってきま~す

Sannnon2 明日、明後日は「善福寺・加越門徒ご縁の旅」に行ってきます。

当寺は500年あまり前に、富山県井波町高瀬(現南砺市高瀬)に一時的に移り住んでいたという伝承があります。伝承といっても、現在でも同地区を中心に4、50軒のご門徒が点在していることから間違いないことだと思われます。

富山のご門徒を古くから「越中門徒」と呼んできました。越中門徒とともに一献かたむけよう! そんな呼びかけから実現した今回の旅です。朝、金沢を出発し、城端別院・善徳寺と井波別院・瑞泉寺を参拝しその古い歴史に触れ、庄川温泉にて鮎を肴に一献かたむける予定です。

さて、どんな旅となりますやら、帰ってからご報告いたします。

<今週の予定>

7/7~8>加越門徒ご縁の旅

7/9>午前~月忌・午後~月忌・14:00~お盆の墓設営

7/10・11・12>午前~月忌・午後~寺務(在寺=予定)

7/13・14・15>7:00から19:30~お盆で墓地にて墓経を申し受けます・15日は13:30~総合墓前、14:00~御堂にて盂蘭盆会

7/16>9:00から17:00~同上

※お盆とは、曜日に関係なく古来13日~16日です。キリコは1家族に1個の持参をお願いいたします。仏華、おロウソク、お線香以外のお供え物(菓子、果実等の生ものやお酒等)は参詣後お持ち帰りくださいますよう。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

7月は行事がいっぱい

Dsc00955今週末の「善福寺・加越門徒ご縁の旅」、当初の30名から日帰り含めて17名と縮小になりました。旅行の企画、募集というのは思ってた以上に大変なものです。

そうでなくても、公私ともに今月は行事が盛りだくさん。今週末の旅行、来週はお盆、月末は大学時代のサークル結成20周年イベントで東京へ行き、帰ってすぐ「善福寺講③」です。

あまりにジメジメしてて、どこか体がだるいですよね。ご年配の方が体調不良で、旅行の人数が減るのもわかる気がします。

今日は、遅れていた寺報「大慈山」124号が入庫し、役僧T氏と急ピッチで発送作業をしました。明日から順次お届けいたします。行事がいっぱいあるということは、そこにはご縁がいっぱいあるということでもあります。もともと能天気で前向きなので(笑)、その日その日、しっかり受け止めていきたいと思います。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

小坊主デビュー?

Dsc00970 一昨日の土曜日、前々住職というより、今回は祖父のと言わせていただきますが、33回忌を勤めました。5月の永代祠堂経会にて公に勤めましたが、今回は親戚一同会しての身内の法要でした。

そこで、今8歳の愛息もちっちゃな衣を着ての参加となりました。真宗大谷派では、9歳になると得度(髪を落とし、僧籍を取得する儀式)ができます。毎年、夏休みになると京都のご本山にはお味噌のコマーシャルのような小坊主たちが集結しこの得度を受けます。9歳というのは、宗祖親鸞聖人が9歳で得度されたことに由来します。

来夏には、愛息もその資格を得るので今回のご縁に、その予行演習というわけではないですが、親族に披露するのもいい経験かなと衣をあつらえました。昨年、小学校に入ったときから毎朝いっしょに「正信偈」をあげているのですが、今回は御堂の内陣でボクの横に小一時間座っていなければなりません。

まぁ、足がしびれて転んでもご愛嬌かと思っていました。衣を着た愛息は、照れくさそうにしていましたが、いざ出仕となると緊張しているようでした。後座でボクと前住職に挟まれる位置でしたが、思ったよりもぞもぞすることもなく一生懸命座っている姿に親バカながら感動しました。

Dsc00973 時折、小声で「足くずしてもええで」と言ってあげると少し微笑んで足をくずしていましたが、すぐに正座にもどしていました。そして、導師が回向の発声「願似此功徳」を終えると我々が一足早く退出して、内陣出仕の方々をお迎えします。愛息は、ボクといっしょに退出するとニッコリ笑って「ふぅ~」と言いました。その顔から、相当の緊張感だったことを偲ばせ、ボクは思わず彼を抱きしめて「よう頑張ったな。えらかったぞ!」と言ってあげました。

そんなこんなで法要も無事に終了し、その後は湯涌温泉にてお斎、というより親族大宴会となりました。ボクと相方と愛息は、翌日のご法事や野球を控えていたため日帰りでしたが、いっしょに温泉につかって疲れを落としました。

京都、富山、東京等から参集されたご親族の皆さまには、本当にお疲れさまでした。ボクら家族はもちろん、愛息にとっても本当に忘れがたい一日だったことと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »