« 休務日 | トップページ | 雨天もまた良し »

お講に向けて

Dsc00342 来週の火曜日には、当寺でのお講「善福寺講~正信偈に学ぶ会」が開講します。

今日も役僧T氏と、どんな流れがいいのかを話していました。大幅な流れはご案内のとおりですが、コンセプトは「お寺のお講・行ってみようかな?」というふうに考えています。

真宗の宗祖・親鸞聖人がその思いを綴った「正信偈」。それを僧俗ともに唱和できる形に整えた蓮如上人。そして、その「正信偈」を親から子、子から孫と相続してきたわれわれ真宗門徒。そんな相続の歴史を知り、また相続していくご縁のお手伝いとして「お寺でお講」でありたいなぁというのがそもそもの思いです。

古来、仏法を聴聞する人々の集まりを「お講」と呼び、村々には「村お講」の他に年代や性別によって構成される「年寄りお講」や、「あねさま(お嫁さん)お講」等が構成されていました。しかし、農村は兼業農家の増加から日頃はサラリーマンで合間に農業という形態に変化していく中で、農業を通しての共同意識や村社会が希薄化し、そんなお講も縮小、減少してきました。

しかし逆に、お講のなかった町のご門徒さん方から仏教に対する興味や知識欲が向上してきていることは、ボクや役僧T氏が毎日の月忌参りをしている中で感じていたのです。そうしたことから、「お寺でお講」っていいかも? という発想が生まれました。

もちろん、●●講といういうものを、他のお寺さんでしていることは珍しくはないのです。ただ、当寺では「お講」という名をつけてしてきていなかっただけではありますが。平日の2時~4時という時間設定も、いろいろ考えた末のもので、定年後のお父さん方やお母さん方、専業の主婦や主夫方、自営業等で時間の自由のきく方、そんな方々と、ともに「お焼香の仕方って本当はどんなの?」というような身近なお話ができたらいいなぁ、という思いからです。

当寺の門信徒である方はもちろん、そうでない方や、ご親戚やお友だちとともにご来寺いただきたい、そう思っています。詳細は、左サイドバーの「本館ページ」をご参照ください。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

|

« 休務日 | トップページ | 雨天もまた良し »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178949/15179190

この記事へのトラックバック一覧です: お講に向けて:

« 休務日 | トップページ | 雨天もまた良し »