« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

初お講を終えて

Dsc00936 きのう開講した「善福寺講~「正信偈」を学ぶ会~」は、一般参加者に役員等を加えて25名の方々に参集いただきました。そのうち20名が女性でした。

ボクや役僧T氏が、日ごろ月忌に回っていてお母さん方の反応がよいことは感じていましたが、ここまでとは思わず、うれしい驚きでした。もちろん、今後のお父さん方のご参加もお待ちしてますよ。

午後1時半を過ぎると、「こんにちは~」と次々にご来寺くださった方々の姿にホッとし、予定どおり2時に開講。「仏法を聴聞する人々の集まりであるお講。みなさんとボクたちで、これからいっしょに作っていきましょう」とボクから開講のごあいさつをさせていただきました。

Dsc00939 続いて、準堂衆(本山での資格試験を経て得る、儀式作法やお経のエキスパート)の資格を持つT氏から「正信偈」の読み方の基本を小1時間レクチャーしていただき、小休止をはさんで前住職より「正信偈」そのものをダイジェストでお話いただきました。

この間の皆さんは、声を出すことに戸惑いもありながら発声し、ノートを取り真剣に聴講しておられ、いい雰囲気で進みました。前住職のお話が少々押しましたが、最後はボクの「仏事いろいろ・座談会(本日命名/笑)」では、最初のテーマとして、「お念珠とお焼香」を取り上げクイズ形式で進める中で、皆さんからの質問のお声を聴くこともできました。

当寺のご門徒以外にも数人のご参加があったこと、皆さん笑顔で「また、来月も楽しみにしてます」と言ってくださったこと、開講してよかったなぁと心地よい気分で初回を終えることができました。

次回は、6/26(火)の開講です。このブログやホームページをご覧くださった方も、ぜひお気軽にご参加ください。ともにお講しましょう。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お寺でお講。お待ちしてます♪

Dsc00340 明日は、お寺でお講。「善福寺講~正信偈に学ぶ会~」の開講日です。

今日は、午後から資料を作成したり、夕方からは役僧T氏と打ち合わせや会場設営したりと準備に追われました。どれだけの方が参加くださるかがわからず、申し込み制にすればよかったかなぁ、と今さらながら思ったりして(苦笑)。

しかしながら、ボクもT氏も日々月忌に回っている中で、主婦層の方々の反応が結構いいので、それなりに参集いただけるかな? との手ごたえは感じています。もともと、平日の午後2時~4時という時間設定も、主婦層や定年後のお父さん方を主な対象としていました。まぁ、すべてはフタをあけてみるまでわかりませんけどね。

内容は、右サイドバーや、本館ホームページで既報のとおりです。正信偈の読み方はもとより、お焼香の作法、お内仏(仏壇)のおかざりや作法、正信偈はお経ではないという意味、そんなことをいろいろいっしょに話しませんか? お寺でお講はそんな集いですので、どなたでもお気軽にご参加ください。お待ちしてます。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨天もまた良し

Dsc00788_1 昨日は夏日で、クルマの中でも思わず冷房を入れてしまいました。今日は、朝から雨模様。おかげで昨日と違って「涼しくてええなぁ」などと思いながら月忌に回ってました。

結構、雨の日って好きだったりします。これもインドア派のせいか、雨音を聴きながら本を読み、そのうち寝てしまう、なんて感じがとても好きなのです(笑)。

実は、夕べは少々寝不足ぎみです。というのも、Y家の法名さがしを依頼されていて、明治初期から最近までの過去帳とニラメッこしてました。Y家は、夏のお盆までにお墓の新調をしたいらしくて、そのお墓の横に最近はやりの(?)法名を列挙した石板を設置したいとのことからのご依頼でした。

当寺の過去帳は、江戸末期に火事で消失して以降のものしかありません。しかし、○○家別ではなく年度別になっていて、今回のようにY家のご先祖のみをピックアップするには、結局すべての過去帳に目を通すしかないのです。

それを全部コンピューターで管理、とは思うのですが、明治以降とはいえ膨大なデータの打ち込み作業を考えると躊躇しているのが現状です。それらを読み込む作業は、地名も旧名であったり、明治初期のものには苗字がなかったり、絶家しているもの、離檀(寺を離れる)しているもの、そして何よりも毛筆の旧字やくずし字との格闘となります。

まぁ、なんとかY家法名一覧らしきものを数日がかりで作成して、今日の雨の中Y家にお届けし、お墓経をあげてきました。今夜は、早寝しようっと(苦笑)♪

<今週の予定>

5/26>終日~月忌(不在)

5/27>午前~月忌・11:00~寺にてT家33回忌・14:00~U家にて13回忌

5/28>午前~月忌・11:00~G寺にて7、13、25回忌

5/29>午前~月忌・14:00~16:00善福寺講

5/30>午前~月忌・午後~在寺(予定)

5/31~6/1>休務日(在寺=未定)

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お講に向けて

Dsc00342 来週の火曜日には、当寺でのお講「善福寺講~正信偈に学ぶ会」が開講します。

今日も役僧T氏と、どんな流れがいいのかを話していました。大幅な流れはご案内のとおりですが、コンセプトは「お寺のお講・行ってみようかな?」というふうに考えています。

真宗の宗祖・親鸞聖人がその思いを綴った「正信偈」。それを僧俗ともに唱和できる形に整えた蓮如上人。そして、その「正信偈」を親から子、子から孫と相続してきたわれわれ真宗門徒。そんな相続の歴史を知り、また相続していくご縁のお手伝いとして「お寺でお講」でありたいなぁというのがそもそもの思いです。

古来、仏法を聴聞する人々の集まりを「お講」と呼び、村々には「村お講」の他に年代や性別によって構成される「年寄りお講」や、「あねさま(お嫁さん)お講」等が構成されていました。しかし、農村は兼業農家の増加から日頃はサラリーマンで合間に農業という形態に変化していく中で、農業を通しての共同意識や村社会が希薄化し、そんなお講も縮小、減少してきました。

しかし逆に、お講のなかった町のご門徒さん方から仏教に対する興味や知識欲が向上してきていることは、ボクや役僧T氏が毎日の月忌参りをしている中で感じていたのです。そうしたことから、「お寺でお講」っていいかも? という発想が生まれました。

もちろん、●●講といういうものを、他のお寺さんでしていることは珍しくはないのです。ただ、当寺では「お講」という名をつけてしてきていなかっただけではありますが。平日の2時~4時という時間設定も、いろいろ考えた末のもので、定年後のお父さん方やお母さん方、専業の主婦や主夫方、自営業等で時間の自由のきく方、そんな方々と、ともに「お焼香の仕方って本当はどんなの?」というような身近なお話ができたらいいなぁ、という思いからです。

当寺の門信徒である方はもちろん、そうでない方や、ご親戚やお友だちとともにご来寺いただきたい、そう思っています。詳細は、左サイドバーの「本館ページ」をご参照ください。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休務日

Dsc00894 一昨日の永代祠堂経会を終え、昨日はご法事を3軒(その合間に月忌を4軒回る)こなし、夕べは倒れるように寝ました。幸い今日は何も予定のない休務日なので、ひさしぶり昼近くまで寝かせていただきました。

休務日は、ボクと役僧T氏にそれぞれ月に3~4日づつ、月忌の少ない日にどちらかが回ることでいただくのですが、これも何もない平日であって始めて休めるというもの。土日祝だとご法事、平日でもお葬式があれば、当然「休みですので」とは言えないわけです。

そんな今日は、いいお天気だったので、昼食後にこれまたひさしぶりにボクのと母のクルマ2台の洗車をしました。最近の雨は汚いのか、水ぶきだけでは無理と判断し、ホースで水をかけ、ワックス入りカーシャンプーでピカピカに仕上げ、ガラスには撥水コートをし、車内には掃除機をかけ、完璧な仕上がり。

そこへ愛息が学校から帰ってきて、しばらくすると同じ野球チームのお友だちがや近所の子どもたちも来ていっしょにキャッチボールやノックをしてあげ、インドア派のボクがひさしぶりに外でいい汗をかいたかな? と自己満足な休務日でした(笑)。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

明日は永代祠堂経会です

Dsc00901 ここ数日、明日の永代祠堂経会の準備で寺の中はバタバタでした。大掃除に始まり、御堂の荘厳、厨房ではお斎(おとき=昼食)の下ごしらえ、寺務所ではタイムテーブルなど諸資料の作成にコピー、法要の式次第の確認などなど。

前々住職(ボクの祖父)の三十三回忌も兼ねるため、例年と違う部分の打ち合わせや最終確認も終わり、やれやれと思っていると外は雨模様。明日は晴れてくれるといいのですが。

Dsc00908 そんな中、今日の午後、御堂では長村さんという立花の職人さんが黙々と大きなお花を立てていらっしゃいました。この永代祠堂経会、秋の報恩講、その他諸法要の際にはいつも頼んで来ていただいています。この時期といい、報恩講の時期といい、他のお寺さんからもオファーあり多忙ながら、立派な仏華をたてていただいています。

Dsc00906 横にラジオを置き、それを聴きながら黙々と作業に打ち込むお姿は、とてもカッコいいです。話しかけると、「ワシもいつまでできるかわからんわい」と笑っておっしゃいます。本山で大きな法要があると、京都まで本山の仏華を見にいかれるという姿勢には頭が下がる思いがします。

Dsc00909 こうして、ひとつひとつ丹精こめて活けられた仏華によって法要は勤まります。明日は朝10時半のお逮夜兼前々住職三十三回忌法要から始まります(右サイドバー日程・本館HP参照)ので、ご参詣お待ちしております。ぜひ、この仏華もご覧ください。

<今週の予定>

5/19>永代祠堂経会10:30~お逮夜兼前々住職三十三回忌法要・正午~お斎・13:30~結願日中のおつとめ・14:30~ご講話(本覚寺住職 森田了栄さん)

5/20>9:30~N家にて一周忌法要・11:00~K家にて三回忌兼二十五回忌法要・午後~月忌・14:00~寺にてS家十三回忌法要

5/21>休務日(在寺=未定)

5/22・23>終日~月忌

5/24・25>午前~月忌・午後~寺務(在寺)

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

他事想論5

Pn2007051401000894ci0002 ニュースキャスターの筑紫哲也さんが肺がんで療養されるため、当分ニュース番組を休まれるそうです。

ボクは、だいたい筑紫さんのニュースを見てから寝るので、何か物足りない感じです。でも、ゆっくり療養されて帰って来てほしいものです。

ところで、国民投票法なるものが国会で成立しました。これは、現政権の公約である憲法改正に向けての手順です。一見、国民の審判を直接問うという形に見えますが、最低投票率の設定がなされていないところに問題というか、不備がみえます。

うがった見方をすれば、10%の投票率でもそのうち51%以上の賛成が得られれば憲法は改正されるということです。さらに、うがった見方をすれば、与党はこの先なにもせず数の暴力を貫き通し、機運を盛り上げることなく国民投票を実施すれば、お得意の組織票ですんなり改憲という戦略が見えてきます。

「無党派層は(選挙の日に)寝ててくれたらいい」、そう言ったのは前々首相ですよね。こういう本音を言ったこと自体、今さらどうこう言いませんが(苦笑)、与党にとって投票率が低ければ低いほどありがたい訳です。こうなると、組織票というものの問題性を感じます。

戦争できる普通の国、そんなよくわからない言葉があります。しかしながら、少数派であっても、戦争放棄(6カ国)や軍隊を保持しない国家(27カ国)は存在します。去る3月6日に来日中だったボリビアのモラレス大統領は安倍総理との首脳会談で、「現在進めている憲法改正において、戦争放棄を盛り込みたい」との意向を伝えたといいます。

同じ改憲であっても、正反対の改憲ですね。国民投票まで、どんな流れで進むのかはわかりませんが、われわれ国民ひとりひとりの自覚が問われます。いま一度しっかり現憲法を読み直すことから始めましょう。そして、これまでこの国はちゃんと現憲法を遵守してきたのか? 改憲するならするで具体的にどこがどう現状にそぐわないのかを考えていきましょう。

よろしかったら、左サイドバーの「おススメ・書籍」から、「やさしいことばで日本国憲法―新訳条文+英文憲法+憲法全文」をおススメします

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お弔い

Dsc00833 今夜はH家のお通夜でした。5月に入って4件目のお弔いでした。例年だと、この時期のお弔いは少ないものなのですが、朝晩と日中の気温差があるせいか今年は多いですね。

お通夜では、お弔いという言葉の語源には、「たずねる」という意味があるそうです。そんなお話をさせていただいています。人は亡くなると、「ほとけさん」と呼びます。なぜ? 「ほとけ」とは「教えを説く存在」を言います。

我々がお弔いに来るということは、その「ほとけ」の「教え」を「たずね」に来ているということです。「ほとけ」は、我々がまだしていない「死」という教えを身をもって教えてくださっています。

日常の生活では、生きていることを当たり前の前提として、どこかで「まだ、5年や10年は大丈夫だろう」とタカをくくって過ごしている。だからこそ、そうではない、一寸先には「わが身の死」というご縁をいただきかもしれない今、この身を生きている、生かされてあるのだという「ほとけ」の教えをたずねに来ているのです。

親しき方の死に際して、悲しみや悔やみ、供養といった情は当然のものです。でも、そこにある「死」という現実から、わが身に教えられてあることをしっかりと持って帰ること、それがお弔いの本来の意味であろう、そう思います。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご縁のつながり

Dsc00895 夕べのN家のお通夜に参列された方が、当寺ホームページをご訪問くださり、掲示板とブログにコメントをいただきました。

お通夜の際に配布している、当寺編集の「正信偈」声明本の裏表紙にホームページのアドレスが載っているのを見てアクセスしていただいたとのことで、うれしい限りです。

毎日パソコンに向かっているボクとしては、それが日常化していますし、インターネットほど便利なものはないと思いがちですが、実はそうではないのですね。携帯電話は普及しつくしている感がありますが、ボクなんかからすると使ったら使っただけ料金のかかるケイタイより定額制で情報量の多いインターネットの方が便利なのです。

コンピューターはめんどくさい、むずかしいというイメージ、ウィルス等の悪い情報が先行していることが原因かとも思いますが、いかがなものでしょう? でも、そんな中で、お通夜を通してご縁がいただけたことが素直にうれしく、これからもますます充実したホームページ、ブログ運営をしていきたいと思います。

せっかくご訪問いただけても、見てるだけの方も多いと思います。よかったら、ヒトコト残してみませんか? そんなご縁を大事にさせていただきます。およろしゅう。

<今週の予定>

5/12>午前~月忌・14:00~N家にて三十三回忌法要

5/13>10:00~寺にてN家永代祠堂経と納骨法要・午後~寺務(在寺=予定)

5/14・15・16>午前~月忌・午後~寺務(在寺=予定)

5/17>終日~月忌

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏がくる~(汗)

Dsc00892 いやぁ、今日は暑い一日でしたね~(汗)!

なんか、最近の季節って極端やなぁ、って思いませんか? 突然の夏だったり冬だったりで、春や秋が短く感じます。

ただいま、お葬式の3連続の真っ只中です。このさわやかな時節の連続はめずらしいことです。これも、不安定な気候のせいでしょうか?

愛息は今日、遠足でした。朝は、お弁当とおやつを持って元気に出かけたのですが、午後の月忌参りでクルマを走らせていると、偶然に愛息たち一行を見かけました。あまりの暑さで、先生をはじめダレダレで歩いていました。

いつもなら、めざとい愛息はボクのクルマに気づきそうなものですが、今日はそんな元気もないくらい疲れきって歩いていました。でも、帰宅すると、今度は元気に野球の練習に飛び出していく姿は頼もしくもあり、ちょっと心配でもありましたけどね(苦笑)。

人が一瞬と感じる時間の長さというのは、実は7秒ほどの長さがあるという話を聞きました。そんなにあるのかとも、それだけかとも感じる微妙な長さですよね。今日は、そんな愛息の一瞬が垣間見れたことが、結構単純に喜びだったりしました。

赤ちゃん~幼稚園~小学生、成長とともにどんどん親と接する時間は短くなっていきます。それを見守れる瞬間のご縁に感謝、な一日でした。明日もお通夜です。それぞれの一瞬一瞬のご縁、大事に勤めたいと思います。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

やっと平日です!

Dsc00896 予定表どおり、GWもいたって普通に法務をこなしていました。愛息は連日野球の練習でしたし、一昨日の土曜日にいっしょに銭湯に行ったくらいのふれあいしかありませんでした。

とは言っても、サラリーマンの方々と違って平日の昼間にキャッチボールをしたりできるし、愛息は野球をしているのが何より楽しいらしいので、これでいいのかな? と思っています。

実際、週末が終わり月曜日になるとホッとします。今年のGWは、めずらしく後半にご法事がなかったので、平常どおり月忌参りに出ていましたが、とにかく道が込むので参ります。休日でも働くボクらのような人種のために、ビジネス車線でも作ってほしい、などと勝手なことを思ったりします(苦笑)。

でも、銭湯はいいですね。この日は「子どもの日」で、愛息は無料! 「やったね♪」と笑顔を見合わせ、お風呂へ突撃~(笑)! たまに手足を伸ばしての入浴はいいですよ、本当に。「あぁ~」とくつろぐボクの横で、愛息が「パパぁ~」とジェット水流に流されていく姿は爆笑ものでした(笑)。

寺報増刊号、本日発送しました。5/19の「永代祠堂経会」、5月~7月の「善福寺講」、7/7~8の「加越門徒ご縁の旅」などのご案内満載ですので、ぜひお読みください。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

増刊号

Dsc00131 お昼寝の気持ちいい季節ですねぇ。

普通に月忌参りに出てるのですが、GW真っ只中、しかも快晴とあって道が込んでてげっそりだったりもします。

そんな合間を縫って19日の永代祠堂経会の案内を作成しています。例年より少々遅れ気味ですが、今回はいつもと違って初の試み、寺報「大慈山」増刊号としての発行を画策し、ここ数日レイアウトに悩んでました。

通常の寺報だと、6~8ページ立てで印刷屋さんにお願いするのですが、今回の増刊号は裏表のみのご案内号であることから完成した原稿を寺のコピー機でおよそ700枚コピーします。

まず、永代祠堂経会のご案内、裏面には善福寺講と加越門徒ご縁の旅のご案内という構成です。それに永代祠堂経についていただいているご門徒さんへのご法名表を添付して数日中に発送する予定ですので、ご門徒の皆さん待っててくださいね。

<今週の予定>

5/5>終日~月忌(不在)

5/6>午前~月忌・午後~寺務(在寺=予定)

5/7>終日~月忌

5/8>休務日(在寺不在=未定)

5/9>終日~月忌

5/10~11>午前~月忌・午後~寺務(在寺=予定)

おぉ! めずらしくご法事のない週末です。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご来寺でのお願い

Dsc00885 今日、毎月2日は移動距離が多い日なのですが、GWの真っ只中とあって、いつも以上に運転に神経を使いました。

朝から野田~桜町~粟ヶ崎~金石~大額~入江~横山町~窪~松村と移動しました。金沢の地理をご存知ない方にはわからないかもしれませんが、効率よく回ろうにも回れない順序です。こちらの好きな時間に行ってもよいのならそれも可能でしょうが、それぞれの事情でこの順番を大幅に入れ替えるわけにはいかないのです。

ご命日が集中する日、そうでない日、こればっかりはこちらが選んで組み替えるわけにはいきません。今日みたいに一日中駆け回る日とそうでない日、いろいろあって、住職といえどもお寺を留守にすることの多いのが現状です。土日祝はより不在がちですね。

お坊さんはいつもお寺にいるものというイメージをお持ちの方が多いようですが、他宗派た他寺は存じませんが、当寺では日中は不在のことの方が多いです。連休のお墓参り等でご来寺される方で、住職に会いに来てくださる方には申し訳ございませんが、あらかじめご一報くださいますようお願いいたします。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »