« 殺してはならぬ | トップページ | 閑話Q題 »

あなたは尊い

079syaka 前回に続いて釈迦さんのお言葉ですが、2,500年を経た現在でも生き生きと躍動しますね。

「為無上尊=あなたは、あなたであることにおいて尊い」

数年前、SMAPの「たったひとつの花」・・・でしたっけ? たしかそんなタイトルの曲がありましたね。ナンバー1である以前に、オンリー1、つまり唯一の存在としての自分を歌っていました。

これは、すなわちこのお釈迦さんの「為無上尊」、あるいは「天上天下唯我独尊」を意識した、かどうかは知りませんがわかりやすく表現していました。

国、民族、宗教、肌の色、言語、文化と習慣、価値観等、差異(ちがい)はあって当然です。でも、差異あって当たり前、さらにその中で100%同じ顔、性格な人はいません。それを同一化したいという考えは、為政者の安易な考えでしかないと思います。

現在の社会の在り方は、日本で言えば昭和初期に似ている、そう語った方がいました。つまり前首相のように、経済格差を奨励するような姿勢や、現首相のように上辺だけの美しい国を強調していく姿勢を指しています。

真宗大谷派では、数年前の蓮如上人五百回御遠忌の際に「バラバラでいっしょ~差異(ちがい)をみとめる世界の発見」という法要テーマを発信しました。みんな一見バラバラであり、それぞれがそれぞれのモノサシを持ち、その長さが違うと言っていがみ合う社会への警鐘です。

互いに差異を認める、そのことによって人と人は真に交わっていけるのです。一人ひとりが尊い存在であるからこそ、わたしは、あなたと同じだけ、あなたはわたしとおなじだけ、尊い存在です。

考えましょう、悩みましょう、でも唯一の存在としてのあなたと私は同じ人であり、心の奥底では認め合いたいと思っています。それぞれの立場や経験や年齢による上下意識やプライド、そんな意識の下(阿頼耶識)にそういう願いをみんな持っているのです。そう、お釈迦さんから諭されているこの身です。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

|

« 殺してはならぬ | トップページ | 閑話Q題 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「殺してはならぬ」・・・まさに、今の世相を思うとき、
非常に大切な言葉ですね。
そして、いつ何時、この愚かな私が、
そのような衝動にかられるかもしれないと自覚し、
御仏に手を合わせることの大切さ。
忘れてはならないことですね。
己を省みて、自分の至らなさと、
愚かな自分にも命がいただけるかたじけなさに、
頭が下がる思い。御仏の大きな恩寵に
感謝することが非常に大切なのでしょうね。

「あなたはあなたであることにおいて尊い」・・・金子みすずさんの
『みんなちがってみんないい。』という詩にも
共通する大事な言葉ですね。
たった一つの命の自分が尊いなら、
同じ人間である他の人も同じように
尊い命があるのだと自覚できますね。
そうすれば、慈しみの心が湧いてくるのでしょうね。
まだまだそのような境地に至らない自分を省みる私。

投稿: 喜右衛門 | 2007年1月12日 (金) 16時33分

わが身が生かされてある、そう素直に感じる瞬間、他の命も同じであると感じられるのです。しかし、日々の生活の中で自力を行使するあまり、思い上がり、傲慢に生きてしまう我らです。他力があって、初めて自力が行使できる、そう確認するために朝な夕なに仏に手を合わせそんな自分の姿を照らしていただくのです。至らない、みんなそうなのですよ、きっと。

投稿: Kei@住職 | 2007年1月12日 (金) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178949/13444037

この記事へのトラックバック一覧です: あなたは尊い:

» 世界一つだけ花 [世界一つだけ花]
世界に一つだけの花の情報サイトです。この歌は、すばらしい歌詞、手話、振り付け、替歌など、発表会やパーティーなどでも親しまれています。お役に立てると嬉しいです。 [続きを読む]

受信: 2007年1月12日 (金) 12時09分

« 殺してはならぬ | トップページ | 閑話Q題 »