« お正月の風景 | トップページ | 楽と不安 »

街中にて

Dsc00627 お正月も、あっという間に過ぎ、また日常です。世間さまは三連休らしいですが、ボクは普通に法務にいそしんでおります。

1/2の午後には、相方&愛息が里帰りし、しばしの独身期間(?)も今日までで、ふたりを駅に迎えに行くと「パパぁ~」と相変わらず抱きついてくる愛息の姿はかわいいものです。

さて今日、月忌参りの最中に両極端な光景を見ました。とある大通りをクルマで走っていると、向かい側の歩道を歩くひとりの老人がいました。この老人、スーパーの袋からなにやら出しながらそれをポイポイと溝に捨ててるんです。紙くずか何かのようですが、遠くてよくわかりませんでした。

もうひとつは、とある路地から出て右折しようとしたとき自転車に乗った小学4年生くらいの女の子がボクの前を横切ろうとして、その手前で止まりました。ボクは、手を振って「お先にどうぞ」と合図すると、ペコリと頭を下げて走って行きました。

前者には呆れ、後者には清清しさを感じました。昔は「今どきの若いもんは!」といわれましたが、「今どきの老人は!」と言いたくなりましたね。実際どこかタカをくくって、なんでもありみたいな年配の方をよく見かけます。前にも言いましたが、歳を重ねるということは、世間のお手本となる自覚が必要なんだと思います。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

|

« お正月の風景 | トップページ | 楽と不安 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178949/13360115

この記事へのトラックバック一覧です: 街中にて:

« お正月の風景 | トップページ | 楽と不安 »