« 本山の報恩講 | トップページ | 明日をも知らぬ身なり »

灰皿よ 何処へ?

037150055 今日は、かほく市~津幡方面の在家報恩講を、役僧T氏といっしょに17軒つとめてきました。

よく、声やノドの心配をされますが、ボクの場合ヒザにきます。10軒も超えると、正座から立ち上がるとき、「よっこいしょ」と言ってご門徒さんに「まだ若いのに~」と笑われます(苦笑)。

そんな時、どうしても一服がほしくなります。しかし! 最近の禁煙というか絶煙ブーム(?)で、灰皿のない家庭が急増しました。

かつては、どこのご家庭へ行っても座布団の前には灰皿が置かれてました。でも、たとえば今日の場合などは、17軒で3軒のお宅にしか灰皿がありませんでした。誤解しないでください。決してそのことを責めてるわけではなく、これもご時勢かと考えさせられるご縁だなぁと思っているのです。

タバコは、100害あって一利なし。しかも、これまでの喫煙者のマナーの悪さは、タバコを吸わない人、そして環境への配慮が欠けていたことも確かです。道端や川へ捨てる人、車の窓から捨てる人、街中の人ごみで火のついたタバコをぶらぶらさせる人、やめましょう!

タバコを吸うことを、ボクは現状ではたぶんやめられないと思います。だからこそ、後ろ指をさされるような喫煙者にはなりたくないです。

タバコだけならまだいいが、ボクはじいちゃんの影響でキセルも愛用しています。キセルの煙への欲求のために、時間をかける行為というか、ゆとりが好きなんですよ。本来、このゆとりがタバコのいいところだったようにも思います。

にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

|

« 本山の報恩講 | トップページ | 明日をも知らぬ身なり »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

最近は「タバコ好きさん」には辛い時代になっていますね。

私は、喫煙者と同席すると
体(服や髪の毛)にあの嫌な臭いが付くし、
我が三男は“喘息”で
タバコの煙でも咳き込みますし、
道路沿いの我が家の田んぼには
捨てられたタバコの吸殻が一杯なので、
「タバコ吸う人」が大嫌いです。
(きっぱり!)

マナーが大事なのは当然ですが、
心配りが欠けている人が多いのが現状だと、
「タバコ好きさん」を応援したくはなりませんねえ・・・。
(我が家に来る人でね、灰皿を出してもいないのに、タバコを吸い始めるとんでもない“おバカさん”がおりまして、厚かましいにもほどがあると、日頃思っています。)

特に“歩きタバコ”は、
人として最低な者のすることですね。
警察に重い刑罰を科していただきたいほどに、
憎みますよ。

でもね、
こんな風に、厳しい批判を書きましたが、
私の曽祖父が火鉢の前に座り「キセル」で
なんとも旨そうにタバコを吸っていたことを
今でも思い出しますよ。

投稿: 喜右衛門 | 2006年11月24日 (金) 00時19分

もう、喫煙者に反論の余地はございません(苦笑)。だからこそ、マナーというか、吸わない人や空間への配慮を最大限に意識したいと思っています。本当はやめるにこしたことはないのですけどね。

お宅のおじい様もキセルですか。昔の男性は、ほとんどが喫煙者でしたよね。キセルやパイプは、なんというか優雅さがあるように思いますね。

投稿: Kei@住職 | 2006年11月24日 (金) 12時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178949/12798067

この記事へのトラックバック一覧です: 灰皿よ 何処へ?:

» お気楽禁煙マニュアル〜タバコを我慢せずタバコをやめる〜 [我慢せずにタバコをやめる方法〜禁煙から絶煙へ]
はじめまして、いつも楽しく拝見しています。この度「我慢せずにタバコをやめる方法〜禁煙から絶煙へ」というサイトを作りましたのでトラックバックさせていただきました。禁煙を希望するすべての人がタバコをやめられるようにと願って作ったサイトです。貴ブログ訪問者の中で、禁煙に苦労しておられる方や、禁煙する人にアドバイスをしたい方には、非常に有益な情報だと思っております。昨今はますます分煙や禁煙が進み、喫煙者には�... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 23時45分

» 携帯灰皿の魅力! [携帯灰皿の魅力!おしゃれでかわいい灰皿は?]
ディオールなど人気のブランドの携帯灰皿をご紹介していきます!あなたのにぴったりの携帯灰皿を探してください! [続きを読む]

受信: 2006年12月14日 (木) 18時22分

« 本山の報恩講 | トップページ | 明日をも知らぬ身なり »