« 続・八月の歌 | トップページ | というワケで »

ダブルヘッダー

Dsc00409 今日は、ご法事のダブルヘッダーで疲れました。暑さは、ここ2,3日だいぶやわらいできましたが、それでもフル装備の中は汗みずくです。

さらにここしばらくなかったのですが、お斎(おとき=ご法事等の後のご膳)もダブルヘッダーだったのです。どちらも富山県南砺市で、先が11時から、後が15時からでした。

でも、いつも思うのは金沢のご法事がどんどん簡略化していく中で、南砺地方の方々は実に丁寧なのです。いわゆる散居村といわれる広い敷地に広い住宅であることもあって、各家庭には我々僧侶の控えの間が必ずあり、お家族の方々が代わる代わるご挨拶に訪れます。

そして、先のお宅のお斎はお店へ行き大変おいしくいただきました。後のお宅は、これまた最近減少しつつあるご自宅でのお斎でした。このお宅はお葬式もご自宅でしたが、セレモニーホールのものより印象に残るものです。お斎も、仕出し屋からのものですが、場所がご自宅なだけにご家族総出でもてなしていただいているという温かさを感じるものです。

ただ、日に二回目ともなるとそんなに食べられるものではなく、疲労もあって法要後一時間ほどでご無礼させていただいた次第です。両家ともに大変ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

朝方には、虫の声も聞こえだし、かすかながら秋の気配です。夏の疲れがでませんよう、皆さまご自愛ください。

にほんブログ村 哲学ブログへ

|

« 続・八月の歌 | トップページ | というワケで »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダブルヘッダー:

« 続・八月の歌 | トップページ | というワケで »