トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

運動会

Dsc00320 今日は愛息の運動会でした。ひさびさにいいお天気♪ でも暑かった~(笑)! 小学校入って初めての運動会ですが、幼稚園でもそうだったので、運動会って、どーしても秋のイメージがあって、今ひとつピンとこない父でした。

ボクも三年生から通ってた小学校(二年生までは京都にいました)。大人になってきてみると、グランドも狭く感じました。六年生までいる中に入ると、幼稚園の年長さんでは大きくなったなぁ、と思っていたわが子もまだまだちびっ子です(笑)。

幼稚園では一等賞ばっかりだったかけっこ、勢いつけすぎてスタートでよろけて結局四位で、辛くも入賞。大玉転がし、お遊戯、玉いれと炎天下をものともせず駆け回る姿をビデオカメラ、一眼レフ、デジカメを手におっかけてたボクはすっかりバテモード(苦笑)。

帰宅後、疲れ果ててるはずの彼は元気に野球の練習に行きました。子どもはエネルギーのカタマリ、そのタフさに脱帽です。さすがにもう熟睡してますけどね(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

更新しました

Dsc00313 遅くなりましたが、5月20日(土)にお勤めしました、永代祠堂経会の写真を右サイドバーに掲示しました。クリックすると、写真ページが現れますさらに写真をクリックすると、拡大写真をご覧になれます。

雨天とあって、例年より少ない目のご参詣者ではありましたが、法要、ご講話ともに皆さん熱心にお参りされてました。

永代祠堂経会は、皆さんの願いによって故人名で永代祠堂についていただき、本堂に黒や金の祠堂札を本堂におかけし、この本堂で永代にお念仏の教えが相続されるご縁としていただくものです。他宗派でいう永代供養とは、性格が異なりますのでお間違えなきように。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Rockは日々Rollする

36 生きるということは、ご縁があれば続き、それを重ねていくもの。形あるものは転がるか止まるか、ということかもしれません。

3月末、東京ドームにローリング・ストーンズのコンサートを見に行ってきました。ギターのキース・リチャーズ(62)は言う。「Rockは、Rollするもの」と。だからこそ、あのトシになっても世界中を回り、そのたびに何十万人もの人々を魅了しているんですね。

彼も、もちろんいつかはそのRollが止まるトキが来るだろう。でも、その瞬間まで彼はRollし続けると思うんです。与えられた命、生かされてある命、そして必ず止まる命、だからこそ今を精一杯生ききってください、というのが仏の願い、つまり本願だと思います。

多くのご縁があって、今、現在のボクが存在する。だからボクは、そのことを忘れないために彼に会いに行きます。いや、もちろんご縁があればですけどね(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お弔い

Flower1008 ミサヲばあちゃんのお通夜を勤めてきました。お寺のご門徒といってもなじみ深い方、そうでない方、いろいろです。むろん、それによって通夜や葬儀に違いがあるワケではないです。しかし、ボクも感情ある人間です。なじみ深い方の通夜、葬儀はより感慨深いものです。

「お弔い」という言葉、「訪れる」という意味が語源にあるそうな。親しき方の死に訪れる、なんのために? 亡くなった方を「ほとけ(仏)さん」といいます。仏と成る、つまりすでに「成仏」している亡き方。その仏とは教えを説く存在のことをいい、その教えをいただくためにお通夜に(お弔いに)訪れるわけです。

その教えとは? 我々がまだしてない「死」という尊い経験を教えてくださっている。日常、まだ大丈夫、死なないだろうと、なんの保障もないのに思って生きている我々。一寸先は闇、一寸先には「わが身の死」というご縁があるかもしれない。それはダレにもわからないことです。だからこそ、今、この一瞬一瞬を生かされてあるわが身を大事に大事に生ききることが願われてある身なんですね。

その教えを合掌という形で受け取り、「南無阿弥陀仏」という言葉でもって回向、つまり「わかりました」と、いただいた教えに、仏さんに返事としていくのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご往生

Dsc00300 本日、また思い出深い方が亡くなられた。N家のミサヲばあちゃん、享年86歳でした。

夕方、訃報の電話があり枕経に行くと、そこには、生前と変わらぬお顔のばあちゃんがお内仏(仏壇)の前に横たわっておられました。合掌し、ご親族の方々と言葉をかわし、枕経兼仮通夜をつとめました。

先月、月経のお参りに行った際、いつもどうりのばあちゃんがいた。歩くのは多少遅くなってはいるものの、しっかりとした会話ができるお方でした。連れ合いの松男じいちゃんが寝たきりになってからも、しっかりしておられました。

ばあちゃんは、いつも手焼きのカキモチをお茶菓子がわりに用意してボクを待っててくれました。ウチも昔はあったんですが、ウチのばあちゃん亡き後は作らなくなっており、ミサヲばあちゃんのカキモチはなつかしくも飽きのこない一品であり、家族でもありがたく思っていたのです。

そんなミサヲばあちゃんが入院されたことは聞いていましたが、また来月にはお会いできるものと、希望的観測をしていた。本日の訃報が信じられない、しかし仏と成ったミサヲばあちゃんは間違いなくボクの人生を形成するご縁のお一人であり、すべての人が明日をも知れぬ身を、今を生かされてある身だと教えてくださる仏になられたことを受け止めていくことが大事です。

南無阿弥陀仏は、そんな仏からの教えを受け止めていく了解の言葉だと思います。合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カメラは好き、しかし?

My_camera実は、もう三年前から趣味のホームページは始めてるんですが、ホームページ作成の必需品たるデジタルカメラが今だに苦手です(苦笑)。といっても、使い方がわからないのではなく、興味がもてないんですね。

なんでか? 長年使用してるこのカメラ(Canon EOS-55=写真左) の方が使いやすいんですね。でも、これで撮影した写真はスキャナーがなければコンピューター上で編集できず、やむを得ずデジカメを使用してるわけです。

あの「カシャ!」っていう音や、ファインダーをのぞく感覚が好きなんですね。デジカメの「カシャ!」は、どこか機械的で耳になじみません(笑)。まぁ、割り切っていろんな写真を掲載していこうと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご縁はじめ

Dsc00301 以前から考えてたお寺のホームページですが、まずはブログ(インターネット日記)から始めることにしました。住職になって3年あまり、いろんな思いや感謝、葛藤を綴っていこうと思ってます。

僧侶、住職といっても、ひとりの39歳の男です。これを読んでくださる方々と、多種多様なご縁を結んでいきたいなぁ、と思います。およろしゅう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年6月 »